2015年 07月 20日
西穂高岳に挑んで来ました!


昨日、かあちゃんと西穂高岳に挑んで来ました!


まずは、西穂高岳について簡単に説明を。
長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる標高2,909 mの北アルプス南部の山である。
穂高岳のそれぞれのピークの山を北穂高岳、前穂高岳、奥穂高岳、西穂高岳という。
実際には西穂高岳は山域の南西端のピークで、その中で唯一3,000 mに満たない。


しょうたとあみは自宅で留守番なので
日帰りで行って来ました。
日帰りって言っても、夜中に出発し、夜に帰って来ましたが(;^ω^)



e0077010_21302372.jpg

登山口まではロープウェイで上がります。
って事は、ロープウェイで降りないと帰れません。
って事は、ロープウェイが動いている間しか活動出来ません。
ロープウェイが動いているのは8時間。
今回の目的地は、標準コースタイムで7時間40分。
休憩や、手間取った時間を考えると、ちょっとやばい。
今回のルートで「独標」っというピークがあり、
半数以上の人はそこで引き返す。
「独標」の先に「西穂高岳」の山頂があり
そこは中級者以上のルートです。
はたして、時間までに戻って来れるのか?
っていうか、そもそも西穂高岳まで行けるのか?(^-^;




e0077010_2143930.jpg

ロープウェイからの景色
乗鞍岳が見えるはずが、ガスっていて見えない・・・




e0077010_21464690.jpg

いざ、登山スタート!
っと言っても、ロープウェイで上がってくる観光客も居てるので
歩き易い散歩道です。




e0077010_21475689.jpg

ここからが、本格的な登山道の始りです。




e0077010_2150947.jpg

ガスっていて幻想的ではあるけど、景色は全く見えません(T_T)




e0077010_2151733.jpg

西穂山荘に到着!
ここで宿泊も出来ますが、今回はスルー




e0077010_2155916.jpg

山荘を過ぎてから、急に登山道の様子が変わりました。




e0077010_21554738.jpg

おぉ~、ガスが流れてきた~
全く見えなかった山が少し見えてきた~




e0077010_21571848.jpg

テンション上がる~
このまま天候が良くなる事に期待~




e0077010_2203177.jpg

「独標」の手前にある「丸山」に到着~




e0077010_2255032.jpg

さぁ~まずは「独標」を目指しましょう~!
「独標」はガスの中で見えないけど・・・




e0077010_2272210.jpg

おいおい、またガスってきたよ~(T_T)




e0077010_228019.jpg

e0077010_2281246.jpg

e0077010_2282218.jpg

ガスが濃く、風も強い・・・
行けるのかぁ~




e0077010_2210248.jpg

「独標」の真下に到着!
ここから急な岩をよじ登ります!




e0077010_22113570.jpg

「独標」に到着!
2701m!
かあちゃんは初めての2000m越え!




e0077010_22134058.jpg

「独標」から先が全く見えません。
風も強いです。
雨も降って来ました。
「独標」からの下りを見て、恐いと思ったら西穂高岳は諦めるように
よく言われるのですが、恐さな無かったです。
行けると思ったけど、天候が悪すぎる。
今回は諦めました。




e0077010_22164231.jpg

下山するにしても、濡れた岩場なので慎重に進みます。




e0077010_22172797.png

今回の移動データー
時間的な問題はクリア出来そうだったし、
ルートを見ても行けると思えたのに
天候には勝てませんでした。
残念だけど、また行けばいいので仕方ないですね。
かあちゃんもアルプスの景色を楽しみにしていたので残念。
まぁ~山なんで天候が崩れるのは仕方ない。
次に期待しましょう~
でも「独標」まで行けたので良かったですよ!
ロープウェイ乗り場にいた登山者は、「独標」までも
行けなかった方が結構居てると言っていましたからね!

さぁ~、次はどの山だ~
[PR]

by kumimasaM | 2015-07-20 22:28 | 登山 | Comments(0)


<< 暑いので、涼しい滝登り(^o^)/      総勢7人での登山! >>